2006年02月09日

スピーカー

承知の通りギターアンプには複数のスピーカーがついたモデルが存在する。爆音を立ててマイクを離して録音するならば豊かな音になるのだが、小さめの音でマイクをスピーカ−1本にくっつけて録音するなら問題が起こる。…他のスピーカーの音が回り込み(スピーカーひとつひとつの動きが微妙に違うため)特定の周波数が強調されたり打ち消し合ったりするのだ(そのため僕のJC-120にはスピーカーのon/offスイッチが増設してある)…たいがい「カポン。パコン」と言うニュアンスの音になってしまう(異常に歪めてたら関係ないが)…アコースティックぽいエレキの音(妙な表現だ)を録りたければスピーカーは1本の方が良い。
posted by 木村孝俊 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13021220

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。